本州の太平洋側を急発達しながら進んだ低気圧の影響で18日、都心で6センチの積雪を観測するなど、関東甲信や東北南部の広範囲で大雪となった。交通網は大きく乱れ、足止めを食らった通勤客が大きな打撃を受けた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)