たすきをつなぐ度、京都と後続との差がぐんぐん開く。他チームの戦力が充実し、主将の森唯我(ヤマダ電機、桂高―佛大出)を欠く「逆風」の中、京都が終盤までトップをひた走った。最終区で順位を落として前回2位...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)