先頭まで1分37秒差。「無理かな」。全国女子駅伝・愛知のアンカー鈴木亜由子(日本郵政グループ)でさえ、優勝を諦めかけていた。だが前方に2位争いをする青とオレンジのユニホームが見えた。「行けるところま...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)