東京五輪に向け、活躍が期待されるジュニア選手の強化を目標とした京都府の「未来のメダリスト創生事業」の指定証授与式が15日、府庁で開かれた。全国大会で結果を残した中高生5人が指定証を受け取った。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)