北海道内は1月15日、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象と上空の寒気の影響で、今季一番の冷え込みとなった。最低気温が氷点下15・4度を記録した留萌市の留萌港や黄金岬付近では、大気と海水の温度差で水...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)