広島の松山が早くも左投手対策に取り組んでいる。古里の鹿児島での自主トレーニングには左腕の相沢打撃投手が14日まで帯同。「相手の先発が左でもスタメンで出たい。対戦感覚を磨いておく」と打ち込みを重ねた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)