14日の東京株式市場は、原油先物相場の下落傾向や中国経済の失速懸念を背景に、投資家がリスクを避けて投資マネーを安全な資産に移す動きが広がって、日経平均株価(225種)は急落、節目の1万7000円を一時...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)