交通違反の反則切符に自分の患者の名前をかたって記入したとして、京都府警中京署は13日、有印私文書偽造・同行使の疑いで、京都市上京区一条横町、医師清水光明容疑者(42)を逮捕した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)