男子プロバスケットボール、bj仙台が前半戦の26試合を終え、東地区首位を快走する。3季目の河内修斗ヘッドコーチ(HC)が掲げる堅守速攻がチームに浸透。昨季からの中心メンバーは期待通りの働きを見せ、新...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)