広島の新井と石原が12日、鹿児島市の最福寺で、燃え盛る炎の前で経を唱え続ける護摩行に挑んだ。両ベテランは高さ約2メートルにもなる火柱を挟んで1時間半、対座。優勝への決意を込めた精神修行に1泊2日で挑...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)