千葉ロッテの新人合同自主トレーニングが11日、QVCマリンで始まり、ドラフト1位の平沢大河内野手(宮城・仙台育英高)ら育成を含む9選手がプロとしてのスタートを切った。  「新人の1位(新人王)を目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)