体に障害のある子どもが車いすバスケットボールを通じ、小中学生と交流を深めるイベントが10日、新潟市江南区の新潟ふれ愛プラザで開かれた。約40人が積極的に声を掛け合い、笑顔でプレーした。  県肢体...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)