新春の紀州路を駆ける二〇一六年くまの駅伝大会(中日新聞社後援)が十日、熊野市であり、一般男子の部は「近大高専A」(名張市)が優勝し、七連覇を果たした。  コースは熊野市駅前を発着点とする十一キロ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)