試合終了の笛と同時に、全校生徒を含めバス10台以上の大応援団が駆けつけた藤枝順心の応援席が喜びに揺れた。最前列に陣取った控えのサッカー部員は抱き合ったまま涙が止まらなかった。  息詰まるシーソーゲ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)