レスリングの全国高校選抜大会県予選会が9日、県央工高で開幕し、団体で県央工が2年連続11回目の優勝を飾った。上位3校が2勝1敗で並ぶ混戦で2位には北越が入った。  団体は4校によるリーグ戦で争った...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)