日本リーグ優勝15度を誇る女子ソフトテニスの強豪・東芝姫路が苦難の1年を味わった。昨年は全日本実業団選手権、国体ともに予選で敗退。後衛の相次ぐ離脱にも遭い、金治義昭監督は「肝心な試合は全部負けた。最...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)