北朝鮮の水爆実験発表で、防衛省は7日午後1時ごろ、大気中の放射性物質を調べるため、航空自衛隊のC130輸送機1機を小牧基地(愛知県)から発進させた。同省によると、C130には大気中の放射性希ガスを集め...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)