バレーボールの全日本高校選手権第2日は6日、東京体育館で2回戦が行われ、県勢男子の鎮西は、昨年のインターハイを制した大塚(大阪)を2-0で退け、ベスト16に進んだ。  鎮西は宮浦健人のバックアタッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)