第88回日本学生氷上競技選手権は6日、栃木県の日光霧降スケートセンターなどで行われ、スピードスケートの男子500メートルは坂本永吉(高崎健大)が2回合計1分11秒44の大会新で初制覇した。  1回...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)