初の4強は目前にあった。常葉橘は試合終了間際のロスタイム、鈴木のCKに石田が頭で合わせ、同点弾をネットに突き刺した。執念の同点劇だった。PK戦は勢いに乗った橘の優位と見られた。だが3人が失敗。勝利が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)