女子の富士見は最後まで諦めなかった。10日前に堀主将が右膝の靱帯(じんたい)断裂で離脱。大黒柱を失ったが、同じ3年の小林冬、永井を中心に「(堀)瑞貴のために勝とう」とチームが一つになった。必死にボー...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)