東京電力の広瀬直己社長は5日、新潟県の泉田裕彦知事と会談し、原発の新規制基準の適合性審査を申請した柏崎刈羽原発6、7号機について、安全対策の強化を進めていると強調し、再稼働への理解を求めた。泉田知事は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)