福島県の子どもたちの体力や運動能力の向上に役立ててほしいと、巨人の鈴木尚広選手(相馬高卒)は4日、原発事故に伴う避難区域の小学校に、体育の授業などで使用する運動用具(80万円相当)を贈った。鈴木選手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)