平安時代の貴族らが興じた 蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠 初め」が4日、京都市左京区の下鴨神社であり、烏帽子や水干などの伝統衣装をまとった男女が鞠を次々に蹴り、軽やかな脚さばきを披露した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)