東京電力福島第1原発事故の避難指示区域となっている福島県南相馬市小高区の相馬小高神社で4日、地元のとび職人たちが地域の復興や安全を願い、新春恒例の「はしご乗り」を奉納した。高さ約6メートルのはしごの上...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)