昨年に続いて青学大の後塵(こうじん)を拝した2位東洋大と3位駒大の本県出身指揮官は、競い合いながらの選手育成と来年の覇権奪回へ決意を示した。  東洋大の酒井俊幸監督(福島県石川町出身、学法石川高卒)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)