東京国際大の10区小針旭人(4年、福島県学法石川高卒)は笑顔でフィニッシュテープを切った。「今後の競技人生に生きる経験」と2度目の箱根駅伝を満足そうに振り返った。昨年は関東学生連合の8区を担い、消極...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)