両手を大きく広げ、青学大の神野が歓喜の往路ゴールを駆け抜けた。何度もガッツポーズを繰り返す。「箱根をあきらめかけた時もあったけど、優勝の喜びを味わいたいと、やれる限り頑張ろうと思った。チームメート...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)