堅守を武器に5年ぶりの全国切符をつかんだ佐賀北。持ち味を発揮して相手の攻撃を抑え込んでいたが、数少ない決定機をものにされ、惜しくも敗れた。小比賀徹二監督は「最後の精度がなかった。自分たちの力不足」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)