相手の最後のキッカーのPKを止められず、藤枝東のGK細川はピッチにひれ伏したまま動けなかった。無念のPK負けに言葉を失う選手たち。渡辺主将は「決めるべき時に決められない弱さが出た。多くの応援をもらっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)