青森県五所川原市飯詰地区で31日、五穀豊穣(ほうじょう)などを願う恒例行事「飯詰稲荷(いなり)神社裸参り」が行われた。県内外から男性15人が参加し、時折雪が舞う中、まわし姿で地区を練り歩いた。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)