体操の世界選手権の男子団体総合で37年ぶりに金メダルを獲得した日本男子代表が3日、羽田空港に帰国した。個人総合、種目別鉄棒を含めた3冠に輝いた内村航平(コナミスポーツク)は記者会見で「一番欲しかった団...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)