競技人口の少ない障害者スポーツ団体が、組織運営に四苦八苦している。約四割は専用オフィスがなく、約七割は専従スタッフがいないことが、民間の調査で判明した。二〇二〇年東京パラリンピックに向けて障害者スポ...    
[記事全文]