<苦境救うゴール>  ベガルタの顔になった瞬間だった。10月のホーム最終戦後に発表されたチームの年間MVP。「奥埜博亮」の名前がコールされると、サポーター席から大きな歓声が起きた。「まだまだ貢献できて...    
[記事全文]