「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選は法の下の平等に反して違憲だとして、2つのグループの弁護士らが選挙無効を求めた全国訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日...    
[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)