ラモス監督が就任して二年目のFC岐阜は、残留争いを繰り広げた末、二十位に終わった。選手補強を重ねたにもかかわらず、昨季の十七位からも順位を下げた。三年契約のラモス監督の続投は規定路線だが、その手腕に...    
[記事全文]