関学10-6報徳  残り5分を切り、リードは4点。自陣ゴール前5メートルから報徳の猛攻を連続して受ける関学フィフティーンの脳裏に、今季掲げたテーマがよぎった。「前」-。守備ラインが前に出続け、グ...    
[記事全文]