「昭和の大横綱」とうたわれた日本相撲協会の北の湖理事長の遺体が21日、福岡市の斎場から東京へと向かった。亡きがらをのせた霊きゅう車は、九州場所で盛り上がる福岡国際センター(博多区)に立ち寄り、出迎え...    
[記事全文]