休館中の吉澤野球博物館(船橋市本中山)が所蔵する貴重な戦前のアマチュア野球史料約四千三百点が二十日、船橋市に引き継がれた。野球ファン垂ぜんの史料の寄贈を受けた松戸徹市長は「新たな命を吹き込み、次代...    
[記事全文]