昭和の大横綱として一時代を築いた日本相撲協会の北の湖理事長が20日午後6時55分に福岡市内で死去した。同日朝には病院に搬送されたが、協会からは「貧血」で入院し、容体は安定していると発表されていただ...    
[記事全文]