大谷翔平(日本ハム、花巻東高)の新たな伝説の始まりだ。  剛速球が糸を引くように捕手のミットに収まる。一呼吸置いて、バックスクリーンの160キロの球速表示に球場がどよめく。岩手が生んだ快腕が韓国打線...    
[記事全文]