世界遺産・東大寺(奈良市)は19日、東塔跡の発掘調査で、鎌倉時代に再建された塔の基壇が縦横約27メートルだったことを確認したと発表した。奈良時代に造られた最初の塔の基壇を拡張しており、寺は「再建で塔の...    
[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)