米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する市民らが、埋め立て予定地近くで抗議の座り込みを始めて18日で500日を迎えた。現地の米軍キャンプ・シュワブ前では節目の集会が開かれ、約千人...    
<ノアドットで記事全文を読む>