順番が回ってきた。加藤翔平外野手は威勢よく席から立ち上がり全員の前に出ると、一呼吸おいてイッキに話し出した。決めていた。思いの丈をしっかり、指揮官に伝えようと。今の自分の考え、そして、今後どうありた...    
[記事全文]