来年のリオデジャネイロ五輪出場を懸けたラグビー7人制のアジア予選で日本男子は優勝し、出場権を獲得した。大会では同大3年のWTB松井千士が9トライを挙げ、トライ王に輝いた。快足を武器に日本代表の新たな...    
[記事全文]