広島の大瀬良が、今季51試合に登板した体と向き合っている。ボールは投げず、肩や下半身のトレーニングやリハビリに専念。「投げたい思いはあるが、来年も1年間投げ抜くため」。はやる気持ちを抑え、先発再転向...    
[記事全文]