名古屋市の徳川美術館は13日、所蔵している国内最古の絵巻物の一つである国宝「源氏物語絵巻」を修繕する過程で、絵巻に描かれた下絵の大部分が明らかになったと発表した。絵師が大きく描き直したり構図を変更した...    
<ノアドットで記事全文を読む>