神戸マラソンなど都市型マラソンの定着とともに、市民ランナーのトレーニングがハイテク化している。スポーツ用品メーカーで走り方を測定したり、練習中、体に装着した端末が「専属コーチ」のように走るペースを管...    
[記事全文]