バレーボール男子日本代表の南部正司監督は11日、福島県南相馬市の鹿島中で同校バレーボール部員を指導した。  東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の被災地の子どもたちを励まそうと訪れた。部員13人...    
[記事全文]