国の重要無形民俗文化財「霜月神楽」が7日夜から8日朝にかけ、秋田県横手市大森町の保呂羽山波宇志別(はうしわけ)神社里宮神殿で行われた。多数の参拝客が見守る中、みこや神職が厳かな舞を披露、五穀豊穣(ほ...    
<ノアドットで記事全文を読む>